本文へ移動

顎関節調整

顎関節調整について

顎関節とは

顎関節は頭の骨にある下顎窩(かがくか)と顎の骨(下顎骨)にある下顎頭でつながっている関節です。
その部分に関節円板という厚い繊維性の膜があるのが特徴で、 口を開閉する際に少し動き、関節運動をスムーズにする働きと関節を保護する役割があります。
顎関節は食べ物を片方でばかり噛む事や頬杖をつくことや、就寝時の歯ぎしりや食いしばり等で負担を過剰にかけるとずれることがあります。

顎関節症とは

顎関節症の代表的な症状  
・あごが痛む(顎関節痛・咀嚼筋痛)
・口が開かない(開口障害)
・あごを動かすと音がする(顎関節雑音)

の3つです。

そのため、硬い食べ物が噛めない、大きな食べ物が食べにくい、また、あごの音が煩わしいなどの症状が現れることがあります。

分類   
顎関節症とは、顎関節やあごを動かしている咀嚼筋の痛み、顎関節雑音、開口障害あるいは顎運動異常を主要症候とする障害をとりまとめた病名です。
(Ⅰ型)咀嚼筋痛障害
(Ⅱ型)滑膜、関節包、靭帯障害
(Ⅲ型)関節円板障害  
    a. 復位性関節円板前方転位  
    b. 非復位性関節円板前方転位
(Ⅳ型)変形性顎関節症
(Ⅴ型)その他 精神的因子など

診断   
顎関節症は、「あごが痛む」「口が開かない」「あごを動かすと音がする」のうちの1つ以上があり、これらと同じような症状の出ることのある、顎関節症以外の病気がない時に顎関節症と診断されるようです。

問診、あごの動きの検査、あごや咀嚼筋の痛みの検査、レントゲン検査、必要に応じてMRI検査などを行い、顎関節症以外の同じような症状を呈する疾患を鑑別した上で診断を行うようです。
クリニックや歯科で診断を受けた後、治りが芳しくない場合に当院へお越しいただくことをおススメします。
また、あごの痛みには、身体的な傷害だけではなく、心理的・社会的な因子も強く関連することもあります。



以下の症状に当てはまる方は顎関節調整コースがオススメです。

・食いしばり・歯ぎしり
・顎や頬の疲労感
・不眠
・頚肩コリ
・自律神経症状
・顎関節症や顎関節由来のめまい
・耳の上やこめかみ、頬に痛みがある
・お顔のたるみや二重あご
・フェイスラインをシャープに
・顔が左右非対称

当院の施術方法

手指を清潔にした上で、指サックを装着し、咀嚼筋群やお口の中の筋肉へアプローチしていきます。
お口の中からのみ触ることができる筋肉が存在し、それらを緩め、整えていきます。
少し痛みを伴いますが、終わった後は「すっきりした!」というお声を頂いております。

当院は長野県内で有数の口腔内アプローチができる専門院です

顎関節の痛みの予防について

顎関節の痛みについては生活習慣や長年の姿勢の影響、長時間のデスクワーク等原因が多岐にわたります。
予防については、就寝時に歯ぎしりする方や歯の食いしばりのある方はマウスピースを装着することがオススメです。
普段起きている時に上の歯と下の歯がくっついている方は、常に咀嚼筋に力が入っている状態になりますので、歯を離すことがオススメです。
顎関節を「パキッ」と鳴らすクセのある方は関節円板に負荷がかかるので控えましょう。
噛み癖のある方は、左右均等に噛むようにしましょう。

ビフォーアフター

顎関節調整コース1回でこの変化

before
after
顎関節の調整をすると
あご周りのコリがほぐれるだけではなく
〇頬の位置が上がる
〇フェイスラインが引き締まる
〇リフトアップ
〇血色が良くなる
以上のような効果を期待できます

お気軽にご来院ください

当院は事前予約制になっております。
24時間対応インターネット予約をご利用ください。
またご不明な点などがありましたら、お気軽にお問い合わせください。 

【ご予約】
【お問い合わせ】
 TEL:026-214-9876
 mail: mail@pranashinq.jp
鍼灸整体院プラーナ

〒381-2217
長野県長野市稲里中央3-24-3
TEL.026-214-9876
FAX.026-214-9875
1.通常鍼灸コース
2.通常整体コース
3.美容鍼灸コース
4.マタニティケアコース
5.産後ケアコース
6.カッピング・吸玉コース
7.顎関節調整コース
8.姿勢分析コース

2024年7月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
TOPへ戻る